FC2ブログ
ライフスタイルの変化を伴う行動をレポート。キーワードは、青春、ライフスタイル、自己実現、幸福、努力、激励、応援、ボランティア、保険、健康、勇気、変身。
新着記事のリストです
■新着エントリー
 ・07-15  ※【ピンチ脱出】森下悠里が新幹線で変質者に遭遇。ツイッターによるアドバイスで難を逃れる。
 ・11-14  ※大リーグ:元巨人のジョンソン監督、ナ・リーグ最優秀賞
 ・11-06  ※女怪盗 女豹2 李朝の秘宝 及川奈央
 ・10-13  ※大津いじめ自殺加害生徒ヤクザ顔負け―京都転校後も集団リンチで警察聴取
 ・04-17  ※教育評論家・武本真樹夫氏
 ・04-15  ※“鬼軍曹”山本小鉄氏が急逝
 ・04-15  ※プロ野球元阪神の辻本賢人投手(21)、米国で再出発
 ・04-15  ※夏目ナナへのインタビューをじっくり読めるサイト(引退間近)
 ・04-14  ※AV女優に転身した人気グラビアモデル
 ・04-06  ※インリン・オブ・ジョイトイ、出産前と変わらぬセクシープロポーション披露
 ・02-06  ※マグマ大使に出演していた「モル」
 ・01-30  ※引退レース嶋原(セカンドウィンドAC) 有終5位に「感無量です」
 ・01-30  ※38歳ロベカル今年で引退/ロシア(日刊スポーツ) - Y!ニュース
 ・01-23  ※故冬柴氏のお別れ会 山口代表「第一線で闘う政治家」
 ・01-14  ※工藤公康氏「報ステ」に登板!栗山氏後任 : nikkansports.com
 ・01-08  ※二谷英明さん死去=テレビ「特捜最前線」、アクション映画で活躍 - 社会
 ・01-24  ※ミニスカポリス出身の久留須ゆみが政界転身を図る
 ・12-23  ※アンナ・チャップマン、美人スパイから政治家へ転身か?
 ・10-22  ※ロシアの元美人スパイ、アンナ・チャップマン、下着姿で男性誌に登場 Sexy spy strips
 ・10-09  ※ロシア元美人スパイ、アンナ・チャップマン → 銀行顧問になっていた
 ・10-01  ※一世を風靡した武富士ダンサーズのCM
 ・09-28  ※金正日の三男ジョンウン氏に大将の称号=金総書記後継者に確定―北朝鮮
 ・09-21  ※渡辺奈緒子(みひろ)、初AVシーン「幸せでした」
 ・09-17  ※平野綾、大人気声優 出演作をまとめた動画有り
 ・09-13  ※大黒摩季、休業前ラストライブで号泣
 ・09-11  ※柔道女子78キロ超級金メダリストの塚田真希が引退へ
 ・09-10  ※菊間千乃さん(元フジテレビアナウンサー)、新司法試験に合格
 ・09-09  ※及川奈央 竜馬伝に出演(動画)
 ・09-03  ※阪神タイガースの矢野燿大捕手、引退へ
 ・09-03  ※あのロシア美人スパイ、セクシー芸能誌デビュー

☆ 良い展開だと思う。スポーツ一筋の生活を要求され、勝ち負けがすべての生活を長年続けた後に
いきなり別の世界で活躍するのを要求するのは酷というもの。選手生活後半は引退後の生活の布石も打ちながら悔い無き日々を過ごしてほしい。

潮田、キャスター転身!  (報知新聞2009年7月8日)

 バドミントンの人気選手、潮田玲子(25)=三洋電機=がアナウンサー、キャスターが多数在籍する大手プロダクション「セント・フォース」と契約したことが2009年7月7日、明らかになった。


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[潮田玲子さん、キャスターへの布石も着々と]の続きを読む
スポンサーサイト
☆ もうこれで5回目だという。体操を引退してすぐにタレントとしてテレビに出始めた頃は、スポーツ選手引退後の新しい生き方を見せてくれる人かな~と期待したような気もするが、もはやそういう時期から30年ほどが経過。

これだけ繰り返すということは、性根に問題があるのだろうか? 病気ととらえて徹底的に根治しないと、再犯を繰り返すというが、それを実証するかのような人生。肉親の方々は聞くに堪えない思いだろうと想像する。


体操の岡崎聡子また覚醒剤で逮捕 警視庁野方署 2009.2.16 msn産経ニュース

 車の中に覚醒(かくせい)剤を所持していたとして、警視庁野方署は2009年2月16日、覚せい剤取締法違反(所持)の現行犯で、体操元五輪選手の中島(旧姓岡崎)聡子容疑者(48)を逮捕した。同署によると、中島容疑者は「覚醒剤は自分のもので、買った」と容疑を認めており、同署で入手先や使用の有無を調べる。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[元体操日本チャンピオン岡崎聡子、覚せい剤取締法違反で逮捕]の続きを読む
☆ 彼女ならきっと番組にうまくはまることだろう。最初は思いが先行して空回りすることがあるかもしれないが、脇役・黒子に徹する呼吸さえつかめば大丈夫。長い目で見守ろう。


Qちゃん、報道番組キャスターに「選手の精神面伝えたい」 
(2009年1月30日 読売新聞)

 シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子さん(36)が、3月30日から始まるTBS系の報道番組「THE NEWS」に、スポーツキャスターとして出演することが30日、決まった。スポーツ大会などを取材し、スタジオで報告する。

 同番組は月曜から金曜までの夕方に放送される2時間番組で、当面、週1回程度の出演を予定している。


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[高橋尚子さん、スポーツキャスターに]の続きを読む
北京五輪の女子マラソンで右足に故障をかかえながら走り、途中棄権した土佐礼子(32)=三井住友海上=が2008年8月29日、母校の松山大学(松山市)で開かれた報告会で現役引退の考えを表明した。

曰く、「今年いっぱいで(会社と相談して)引退したい」

「北京五輪で一区切りと思っていた。今はゆっくり休みたい」


 これまでも、土佐は北京五輪を競技者としての最後とする意向を示していた。

レースに関して

「五輪では(右足の外反母趾の)痛みは出ないと思って臨んだが、10キロ過ぎで痛みを感じ、15キロ時点でゴールは難しいと感じた。足が前にいかなくなり、主人が『やめろ』と叫んでくれた」と振り返った。

☆ 夫婦愛を感じた瞬間だった。アスリートであるが故に、見ていられなかったのだろうと思う。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[女子マラソンの土佐礼子が引退を表明]の続きを読む
高橋尚子が「引退後」を初めて語った。その舞台は、母校である大阪学院大学の入学式。何を語ったのか? 後進の育成や、ボランティア活動にも意欲を示しているようだ。世界のトップを狙ってほしい気持ちもするが、彼女なら引退後も多くの人に触発を与える名指導者になれると期待する。つぶすとすれば、彼女の人気を利用したいマスコミや有力者のちょっかいではないかと推測する。

以下、デイリースポーツ記事より要点抜粋 ↓

2008年4月4日、シドニー五輪女子マラソン金メダリストの高橋尚子(35)=ファイテン=が、母校である大阪・吹田市内の大院大の入学式に出席し、引退後の活動についても初めて言及した。北京五輪出場を逃した今後は、国内3大マラソン連続出場に向けて調整に入るが、引退後については、母校の陸上部の指導者やボランティア活動などの可能性を示唆した。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[女子マラソン・高橋尚子が「引退後」を初めて語った!!]の続きを読む
北京五輪最終選考会となる名古屋。2008年3月9日の戦いには凄いメンバーが勢揃い。
高橋尚子を筆頭に、誰が勝ってもおかしくない白熱の展開が予想される。楽しみだ。
逆に、負ければ引退、という決意を固めている選手も何人かいることだろう。
すばらしい戦いを展開してほしいと願うのみ。

■主な出場選手

高橋 尚子(35)(ファイテン)2時間19分46秒
坂本 直子(27)(天満屋)  2時間21分51秒
弘山 晴美(39)(資生堂)  2時間22分56秒
大南 敬美(32)(トヨタ車体)2時間23分43秒
原裕 美子(26)(京セラ)  2時間23分48秒
加納 由理(29)(セカンド  2時間24分43秒
      ウィンドAC)
嶋原 清子(31)(セカンド  2時間26分14秒
      ウィンドAC)

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!

2008年2月4日、陸上男子百メートルの元世界記録保持者、モーリス・グリーン(米国)が、引退を表明した。まだ33歳だが、度重なるけがに悩まされており、決意した。今後はコーチ業やビジネスに関心があるという。

引退を表明した場所は、中国の北京だ。五輪施設視察のために北京に滞在中のグリーンはこう語ったとされる。

「素晴らしい競技生活を送れたので、少し寂しいのと同時にうれしい」。

グリーンは1999年に9秒79の当時の世界記録をマーク。2000年シドニー五輪で金メダルを獲得した。


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[モーリス・グリーン(元世界記録保持者、シドニー五輪金メダリスト)が引退を表明]の続きを読む
2007年12月18日、北京五輪代表選考会を兼ねた大阪国際女子マラソン(2008年1月27日、大阪・長居陸上競技場発着)の出場選手が、主催者から発表され、女子3000メートルと5000メートルの日本記録を持つトラックのエース、福士加代子(ワコール)が一般選手として出場し、マラソンに初挑戦することになった。なお、国内招待選手では大会連覇を目指す原裕美子(京セラ)が出場するそうだ。

このレースの数週間後、シドニー五輪金メダルの高橋尚子(ファイテン)が、最終選考会の名古屋国際女子マラソン(来年3月9日)に出場する。


2008年1月27日の結果:福士加代子 大阪国際女子マラソン 感動のゴール[YouTube]


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[福士加代子、大阪国際女子でマラソン初挑戦]の続きを読む
北京五輪限りでの引退の意向を明かした為末大は、今年の意欲を「締」という1文字で示したという。

 01、05年世界陸上男子四百メートル障害銅メダルの為末大(29)=APF=が4日、北京五輪を最後に現役を引退する意向を明かした。母校の法大多摩キャンパスで今年初の練習を公開した後、「今は北京五輪で区切りをつけようと思っている」と今季を集大成とする決意を語った。

詳しく読む


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[為末大は北京五輪で引退の決意、「区切りつける」と]の続きを読む
自転車のエラスが引退へ
デイリースポーツ
エラスはドーピング違反で2年間の出場停止処分を受け
た。10月に処分は解けたが、自転車競技の倫理規定でさ
らに2年間はトップチームに登録できないため、復帰を
...
詳しく読む


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!

2007年12月31日、1992年バルセロナ五輪体操の銀メダリスト、池谷幸雄さん(37歳)が、さいたまスーパーアリーナであったプロレスイベント「ハッスル」で、リングデビューした。現役時代さながらのバック宙返りや側転を披露した。

 「池谷銀牙(ぎんが)」というリングネームで、元岩手県議のザ・グレート・サスケとのタッグ。

 トップロープからのひねりを加えた後ろ宙返りで相手を押さえ込み、初勝利。


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[池谷幸雄さん(体操・五輪銀メダリスト)がプロレスイベント「ハッスル」に転進(新たなキャリアパスのパイオニアとなるか?)]の続きを読む
2007年12月7日、自転車ロードレース、ツール・ド・フランスで血液ドーピングが発覚したアレクサンドル・ビノクロフ(カザフスタン、34 歳)が、現役引退を表明した。理由は、競技への意欲が消滅したことをあげているそうだ。ドーピング問題がからんでいる模様。デイリースポーツ記事によると、以下のとおり。

ビノクロフは優勝候補だったツール・ド・フランスでのドーピング発覚以降、所属チームから解雇され、6日には母国の自転車連盟から1年間の資格停止処分を受けたばかり。

【ビノクロフのコメント】

「自分は潔白だ。今後はスポーツ仲裁裁判所(CAS)への提訴を含め、それを証明したい」



FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!

2007年2月の東京マラソンで現役を引退した有森裕子(40歳)=NPO法人ハート・オブ・ゴールド代表=。今何をしているのか? 貴重な活動報告がサンスポで報じられていた。

それは、第12回アンコールワット国際ハーフマラソンだった。。競技以外のことに専念できる環境のなか、新たな挑戦への決意がみえる。以下、記事より抜粋。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[マラソン現役引退後の有森裕子の新しい舞台]の続きを読む
アサヒコムは、AP通信を引き、国際陸連が2007年11月23日、ドーピング違反を認めた陸上女子短距離のマリオン・ジョーンズ(米)について、2000年9月以降のすべての成績を抹消すると決めたことを伝えている。2000年シドニー五輪100メートル、200メートルの金メダルなどが含まれる。ジョーンズに00年9月以降の賞金計約70万ドル(約7500万円)の返還を求めることも決めたが、これらは故人記録だからしょうがないとして、可愛そうなのはリレーチームのメダルも剥奪される見込みであることだ。以下、詳細。↓

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[マリオン・ジョーンズ失格の影響は甚大→リレーチーム全体も「失格に」]の続きを読む
2007年11月22日、翌日から東京で始まる新体操の全日本選手権を前に、今大会限りでの引退を表明した村田由香里(日体大大学院)、横地愛(イオン)の2人がそろって会見した。年齢はともに26歳である。2人のコメントと願いが次のように報じられている。また、2人の最後の決戦結果を報じた記事をクリップしておく。↓

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[新体操のヒロイン2人(村田由香里、横地愛)が引退を表明→そして最後の決戦結果は?]の続きを読む
かつて陸上女子短距離のタイトルを総なめにしたマリオン・ジョーンズ(米国)。シドニー五輪では金3個を含む5個のメダルを獲得した。その彼女が、2007年10月5日、ニューヨーク州ホワイトプレーンズの裁判所で、次のように述べ、偽証罪を認めた(AP通信による)。

「2003年のドーピングに関する調査で連邦捜査官に対してステロイド使用を否定したのはうそだった」

ジョーンズは、2000年シドニー五輪の前からドーピングをしていた事実を、強く否定してきた。シドニー五輪で獲得した計5個のメダルは、はく奪される可能性がある。

☆ 唯一の救いは、自白したこと、涙を流していることだろう。陸上に賭けたあの情熱と集中力があれば、罪を償ってからの人生に幸が訪れると思いたい。(だって、怪しいと言われながら、隠し続けている選手は相当いるように思うので)

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[陸上短距離界の女王、堕ちる(マリオン・ジョーンズが偽証と薬物使用を認める)]の続きを読む
増田明美(ますだ・あけみ)さんは、スポーツジャーナリスト。よくマラソン中継時に解説者として登場するので、ご存じの方も多いと思う。

1980年代から90年代にかけて、日本女子陸上長距離界の第一人者だった。オリンピックでは期待の重圧により力を発揮できなかったが、その体験も活かして、現在は選手の心のヒダを理解する取材と洞察力により、独自の解説を展開している。

2007年9月現在、大阪芸術大学教授、文部科学省中央教育審議会委員、新健康フロンティア戦略賢人会議委員なども務めるマルチな活躍ぶりだ。

そんな彼女の経歴は以下のとおり。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[マラソンランナー引退後スポーツジャーナリストに転進し、確実に成長する増田明美さん]の続きを読む
女子マラソンの元日本記録保持者で現在はテレビ解説者の増田明美さん(43歳)が「カゼヲキル」(講談社)で小説家デビューを果たした。

【ストーリー。発売状況】
田舎の中学2年生、山根美岬(みさき)が陸上の世界に魅せられ、マラソンで五輪出場を目指す物語。第1巻「助走」が7月に発売され、来年の北京五輪までにあと2巻が出て完結する予定。

美岬の成長過程は、陸上に真剣に取り組もうと考えている若い選手の「参考書」となるよう意識して描いたという。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[増田明美さん(元マラソン選手)が作家デビュー]の続きを読む
2007年9月2日、世界陸上選手権女子マラソンで3位になり、2008年北京五輪への出場権内定をかちとった土佐選手。最終盤のがんばりには目を見張ったが、その陰にはご主人の力強いサポートがあったことをアサヒコムが伝えている。

「このレースで北京五輪につながらなかったら、私、もう引退する――」

ここまで思い詰めて世界陸上に臨み、しかもケガに見舞われた土佐選手とともに、ご主人はどのような姿を示したか、以下のように書かれている。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[土佐選手、引退を賭けて臨んだレースで見事北京五輪代表に内定!]の続きを読む
世界陸上大阪・女子棒高跳びで金メダルに輝いたエレーナ・イシンバエワ(25歳)=ロシア=は、2013年モスクワ世界陸上を花道に現役を引退する考えを明かしたという。6年後だから、31歳までプレーするという青写真だ。同じく棒高跳びで長期間世界一に君臨したブブカ氏を意識しているようだ。

「(地元で)引退しようと思っている。それまでにブブカ氏の世界記録35回更新を超える36回を目指したい。その後はスポーツに近い分野、できればIOC(国際オリンピック委員会)で働きたい」

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[イシンバエワ(女子棒高跳び, ロシア)の引退は2013年モスクワ世界陸上?]の続きを読む
西武の前球団代表でスピードスケート88年カルガリー冬季五輪男子五百メートル銅メダリストの黒岩彰氏(45)が2007年7月15日付でプリンスホテルを退社することが分かったそうだ。黒岩氏は退職理由を「人生の路線変更」と説明。

今後は「依頼があれば自分を育ててくれたスケート界やJOCをお手伝いさせてもらいたい」とスケート界への復帰をほのめかした。 ← うまく実現すれば良いのだが………。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[黒岩彰氏(元スピードスケート選手)、プリンスホテルを退社してスケート界へ復帰か?]の続きを読む
2007年7月6日、アルペンスキーで活躍した男子滑降元世界王者のブルーノ・ケルネン(35歳=スイス)がひざの故障で「もはや普通に練習できない」と現役引退を表明した。

 スピード系種目に強く、世界選手権の滑降は1997年に優勝し、2003年は3位、スーパー大回転で今年は3位に入った。トリノ冬季五輪の滑降では銅メダルを獲得した。

[2007年7月7日 日刊スポーツ配信記事]

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!

女子マラソンの高橋尚子(ファイテン)が2007/05/29、秋以降の北京五輪代表選考会出場を見据えた高地合宿のため米コロラド州ボールダーへ出発した。成田空港で「最終目的に向けた始動の日。この1年は大事なので悔いがないようにしたい」と笑顔に決意をのぞかせた。 ☆ 負ければ引退もあり得るだろうし、そうなるとどういう立場で仕事をするかも注目されるだろう。性格が良いから、どんな立場でも親しまれることと思うが、できれば北京五輪で大活躍してほしい。以下、詳報。


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[高橋尚子が今後の進路を決める戦いに出発]の続きを読む
女子マラソン高橋尚子(ファイテン)が2007年05月05日、横浜・日産スタジアムで開かれたイベント「チビリンピック」にゲスト参加し、誕生日を祝うケーキを贈られた。高橋尚子の誕生日は翌日の6日。35歳を迎える。

2008年の北京五輪出場を目指し、このイベントを最後に米・ボルダーで合宿を行うなど本格練習に入る。「35歳は節目であるし、私の人生でも本当に大切な1年になる」と、覚悟を決めていた。 □ おそらく、引退を賭けたレースを心に期しているものと思う。彼女の頑張りと幸運に期待したい。

この年齢になると、うれしいのか悲しいのか」と照れ笑い。
(世界で活躍する)ヌデレバさんやラドクリフさんは同年代。頑張れると私も感じる」。

五輪代表決定は来年3月で残り1年を切っており、「トラックで言えばあと1周。最後の鐘は鳴っている」とも。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!

2007年4月29日、体操のシドニー五輪男子代表の笠松昭宏(30)が現役を引退したことがわかった。2006年いっぱいで中京大職員を退職していた。今後は五輪金メダリストの父・茂氏が指導する東海テレビ東名クラブをサポートする予定。 ← 転進ではなく、体操という路線に乗って今後も精進を続ける道を選択(?)したようだ。ご両親が体操の名選手だったので、順当な道を歩んでいると言えるんだろう。

 笠松は茂氏、母・和永さん(旧姓羽生)がともに五輪代表で、親子2代の五輪出場を実現したシドニー五輪団体総合4位。2003年世界選手権団体総合で銅メダルを獲得し、親子で世界選手権メダリストとなった。得意のあん馬で全日本選手権の種目別で5度の優勝。

2006年の世界選手権代表第2次選考会を体調不良で欠場してからは、国内競技会には出場していなかった。 (参考記事サンスポ070430)

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!

日経BPNetによると、サイボウズ(ホームぺージへ)は、2007年4月24日、プロスポーツ選手のキャリア支援を目的とした「プロスポーツ選手向けセカンドキャリア支援プログラム」を導入した。近い将来、選手としての継続が困難になる人や、将来の不安を抱える選手のキャリア支援を行う。

具体的には、サイボウズの採用募集に応募してもらい、内定を受けた選手には入社を最長3年延ばせる「複数年パス」を発行する。これにより、「内定後もしばらくは安心してスポーツ活動を継続できる」(同社)というもの。 ← 3年という期間設定は適切と思える。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[サイボウズは、現役プロスポーツ選手の引退後キャリアを支援するプログラムを導入]の続きを読む
中国アスリートの多くは引退後、苦しい生活を強いられているそうだ。コーチらによる賞金の搾取、ハードなトレーニングがもたらす重度のスポーツ障害。そして学歴がないため仕事が見つからない。

金メダルを売却した元選手は艾冬梅さん(26)。艾さんは1999年の北京国際マラソンで優勝したが、現役時代の無理がたたって足の後遺症に悩まされている。2003年に引退した後は夫と行商などで生計を立てていたが、うまくいかなかった。現役時代に稼いだ5万元(約75万円)以上の賞金はコーチに横領されたとして裁判で争っている

2007年4月、とうとう生活苦に耐え切れずメダル16個を200~1000元(約3000~1万5000円)で売り出すと発表!! 「娘がもしスポーツ選手になりたいといったら足を折ってでもやめさせる」という艾さんに同情が集まり、これまでに2万元(約30万円)以上の支援金が寄せられた。

▼ 同じような境遇に置かれている引退選手は決して少なくないというから、北京五輪を目指す華々しい姿の裏にはひどい犠牲者の実態があることになる。 以下、何人かの実例を。

FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[中国人スポーツ選手は五輪金メダルを取っても前途多難(引退後売却する人もいる)]の続きを読む
エチオピアにクロスカントリーの英雄と言われる選手がいる。ケネニサ・ベケレ選手だ。彼は、昨春の世界クロスカントリー選手権福岡大会で、5大会連続となるロング(12キロ)とショート(4キロ)の2冠に輝いた。本人はそれをきっかけに、引退を表明していたが、最近それを翻したことがわかった。 


FC2ブログランキングの応援クリック、よろしく!
[ケネニサ・ベケレ(クロスカントリーの王者)の引退時期決定は難しいようだ]の続きを読む